アルギニン、シトルリン、亜鉛が、ペニス増大サプリメントに含まれる確率の高い成分といわれています。具体的な成分の効果や、ペニス増大にどのような影響を及ぼすのかを理解しておくことで、健康的な利用が可能となるでしょう。

必須アミノ酸の一つで成長期は経口摂取が必要

アルギニンはアミノ酸の一種となっており、成人すると体内で自動的に生成できる成分ですが、成長期の人間は食べ物から取り入れることが必要となる栄養素です。肉類やナッツ類、大豆、玄米、えびといった物に多く含まれています。非必須アミノ酸といわれていますが、体内に取り入れることによって多大な影響を及ぼす成分です。摂取するだけで成長ホルモンを促し、筋肉増強に大きく役立つ成分といいます。また、免疫機能を改善することによって、風邪を引きにくく、抵抗力を期待できるでしょう。更に生殖器への血流改善に役立つ為、男性機能改善に役立っています。

一酸化窒素を放出して血管拡張が期待

シトルリンはアルギニンと同様、アミノ酸の一種といわれている成分です。日本でスイカから発見された成分で、血流増加を期待する人に積極的に取り入れられています。冷え性や男性器増強に役立つといわれている理由として、体内での変化が影響するといえるでしょう。シトルリンは体内で一酸化窒素の生成を高め、血管拡張機能を促す成分といえます。血管拡張によって血液が全身に流れやすくなり、結果として代謝率を活発にしてくれる成分です。アルギニンと組み合わせてペニス増大効果が期待できるといわれ、サプリメントに多く入っています。

単体でとっても増大効果を見出せない

基本的にアルギニンを単体でとっても、血流がよくなるだけで冷え性に役立つ程度のメリットしか見受けられません。アルギニンだけでなくシトルリン、更に他の勃起を促す成分を取り入れることで増大効果を期待できるといわれています。海綿体の細胞に影響をもたらす物や、成功維持に勃起を持続する作用の高い物まで多数存在する為、確認してください。なお、性行為の前に取り入れればいいという物ではなく、性行為をする数ヶ月前から少しずつ毎日取り入れることによって、結果を促せるといわれています。ただし、過剰摂取にならないように、適度に取り入れましょう。

まとめ

サプリメントとして含まれている成分であるアルギニンや、シトルリンだけを積極的に取り入れることは避けましょう。バランスよく取れるペニス増大サプリを使うことで、血流や持続力、ペニス増大に大きく役立つでしょう。