数あるペニス増大サプリですが、規定量を越して飲み過ぎると、個人差はありますが不調を感じやすくなります。頭痛がしたりめまいを感じたりすることがありますが、適量を守って水と飲むことで、ほとんどの商品は問題なく利用することが可能です。

植物系の成分の過度の摂取は頭痛や胸やけも

植物系の成分を豊富に含んだペニス増大サプリを、いつもよりも飲み過ぎた場合、頭痛や胸やけを起こすことがあります。自然成分の植物系は安心の成分ではあっても、それは規定量を守っての摂取の場合であり、いくら植物性成分でも過度の摂取はよくありません。ペニスのサイズアップのために使われる植物系成分としては、ガラナやマカに高麗人参などもあります。いずれも古くから世界で摂取されているので、植物系成分は適量の摂取であれば安心です。しかし度を越して摂取をしてしまうと、耳鳴りや吐き気、腹痛を起こすことにもなりかねません。

宣伝だけをうのみにはできない海外製品にも注意を

ペニス増大サプリを飲み過ぎると副作用を起こしやすいですが、特に海外製品の過剰摂取は控えることです。日本はサイズアップのサプリ製造に関しても、成分から製造工程まで厳しく管理がされています。しかし海外の健康食品は日本ほどの管理がされているかと言えば、それはイエスではありません。配合成分の純度が低いこともありますし、配合成分に不純物が含まれることもあります。日本で製造をされた商品よりも、東南アジアや中国系での生産商品は、うかつに個人輸入はしないことです。含まれる成分の安全性への保障はないですし、それをさらに飲みすぎたら、不調はもっと深刻することも考えられます。

精力アップの動物系からの抽出成分の過度の摂取

動物系抽出成分を含むペニス増大サプリを、期待を込めて飲み過ぎると、動悸や息切れを起こしやすくなります。すっぽんやマムシなどは動物系の成分であり、男性陣の精力アップにはお馴染みであり、勢力を付けるにはもってこいです。しかしサイズアップを期待して過剰に飲んでしまうと、目のかすみやのぼせを感じることもあります。生命力豊富な動物系からの抽出成分は、精力を高めるには大きく貢献をするものの、規定量を超えてしまっては元も子もなくなりますので注意です。不調は動物系の成分だから出てくるのでなく、張り切って過剰に飲んでしまうことがいけないので、飲む量は毎回守ります。

まとめ

ペニス増大サプリを、効果を高めたくて飲み過ぎると、軽い副作用を感じることがあります。時間の経過とともに不調は治まりますが、基本的には毎回の規定量を守ることで、無駄に不調を感じるようなことにはなりません。